社会

センター試験廃止でどう変わる?大学入学共通テストの内容 違い 難易度は

2020年1月18日、19日で行われる「大学入試センター試験」ですが、今年度の実施を最後に廃止され、来年からは「大学入学共通テスト」として生まれ変わることになります。

今回は大学入試共通テストについてリサーチしてみました。




大学入試共通テストはこう変わる

まずセンター試験との一番の違いは「記述式」の問題が出題されることにあります。国語に関しては80文字~120文字程度の文章を書かせる問題が出題され、数学についても記述式の問題が追加される予定となっています。

試験時間が10分~20分程度延びるとのことですが、今までにない記述式の試験の導入により、どのような対策をしていくのか不安の声も上がっています。


記述式の試験を不安視する声も?

記述式の試験の一番の不安な点は採点が公平に行われるのかという点が大学・高校の双方に出てきているとの声が上がっています。

マークシート式の試験の場合、自己採点が可能でしたが記述式になった場合自己採点も難しくなりますね。

50万人が受験する試験の採点には膨大な時間もかかることから民間委託になるようです。

ただでさえ入試の採点ミスなどで繰り上げ合格者などが発生している現行の大学入試ですが、共通テストの段階でこのようなことが起こってしまうと大変なことになりますね。



世間の反応



まとめ

英語の民間試験の成績を入試の点数に利用する仕組みも考案されましたが延期されるなど不透明な部分も多いこの「大学入試共通テスト」ですが一番は受験生が安心して試験に臨めるようにすることだと思います。

今後新たな発表があり、試験内容の変更についてのアナウンスがされると思われるので引き続き情報に注力していきたいと思います。