社会

新型痴漢で逮捕や罰則の可能性 手口や対策方法 その内容とは?

お正月休みも終わり、サラリーマンの皆さんは仕事始めになりました。

満員電車で通勤している方も多いと思われますが、最近「新型痴漢」というワードが話題になっています。

今回はそんなの新型痴漢についてリサーチしてみました。



新型痴漢の手口や内容とは?

まず、通常の「痴漢」と「新型痴漢」は一体何が違うのかという点から挙げていきたいと思います。

新型痴漢とは「非接触型」の痴漢行為でありそういった性的な嫌がらせを総称して表現した言葉です。

通常の痴漢は直接的な接触があることから証拠が掴みやすいですが、非接触型になると被害に遭っている女性も確信が持てず、声を上げづらいという問題点があるにも関わらず精神的苦痛は通常の痴漢と同様に受けていることから、その被害が顕在化しにくいと言えます。

このような新型痴漢に対して何か対策はあるのでしょうか?

 



非接触型の新型痴漢への対処法は?

告発できないようにわざと触らずに泣き寝入りさせることを狙った新型痴漢。こんな卑劣な行為に対して制裁を与えることは不可能なのでしょうか?

弁護士の見解は「直接接触に及ばなくてもニオイを嗅いだり社会通念上あいてに羞恥心を与えたり不安を覚えさせる行為をすると法律に抵触する可能性がある」とのことでした。

一方で男性陣からは「呼吸をしただけで痴漢とみなされたらたまったものではない」等の意見がでており、電車に乗りづらくなると苦言が出ています。

 



世間の反応



まとめ

次々と新たな手口と化して巧妙化してくる痴漢ですが、こういうことが横行してくると男性陣の懸念しているように痴漢冤罪の数が増えていくような気がしますね。

ただでさえ満員電車でストレスが溜まっているのにいつ痴漢になるかもわからないリスクと対峙するのも相当なストレスになりますね。会社に通勤しなくても済む時代が来てほしいと切に願います。